このサイトではアリバイ会社を利用したいけど安心して使う事ができるのかなという不安がある方向けに分かりやすく解説していきます。
クレジットカードやキャッシングの審査、あるいは賃貸マンションやアパートなどに入居する際に求められる保証をどうしようという時にネットで検索するとアリバイ会社が浮上する事でしょう。
文章を読むと水商売や風俗関係者が利用するような会社のため、何となく酷い目に遭うのではないかという不安感があるかもしれませんがその心配は無用です。

保証会社の審査を通るためにアリバイ会社を利用することの可否

保証会社の審査を通るためにアリバイ会社を利用することの可否 無職だったりそれに近い職業、例えばどこかの組織にも属さずに、かといって会社を経営するような仕事でない自宅でネット関連ビジネスやソーシャルワーキングで生計を立てていたとしても一般的な社会的信用という意味では低いと言わざるを得ません。
収入は定期的に安定した金額が入って来るものではないと思われているからでいくら過去の収入を見せても効果はかわりません。
そんな方たちがクレジットカードの審査や不動産の保証人などを求められた時に使うのがアリバイ会社です。
収入証明や在籍証明などの書類作成を行ってくれる事で信用があるように見せる事ができるからです。
またアリバイ会社は成功報酬、あるいは返金保証などもあり必要以上な金額がかかりませんのでその点安心感を持って利用する事ができます。

アリバイ会社との契約が終了した「入居後」に追加審査はあるのか?

アリバイ会社との契約が終了した「入居後」に追加審査はあるのか? アリバイ会社では、入居審査やローン審査で承認されるのが難しい属性の人に社会的な地位を提供する代わりに、報酬を得るというサービスを実施しています。
具体的には、ペーパーカンパニーを設立してそこで勤務しているように装い、収入・職業・雇用形態といった合否が左右される項目のスコアを底上げするという内容です。
これにより、表面的な部分における数値は申し分がない状況となるので、承認される確率は飛躍的に向上します。
ちなみに、国内には様々な種類のアリバイ会社が存在しており、提供しているサービス内容は多種多様です。
中には、賃貸物件を取り扱っている不動産屋とアリバイ会社がつながっているケースもあります。
このような場合は、最初からアリバイ会社を利用して入居したことは分かっているので、後で問題になるようなことはありません。
なお、入居した後に賃料を滞納するなどの問題行動がなければ、基本的には追加審査が実施されることはありません。
また、実施されてペーパーカンパニーで勤務していることを装っていたことが判明したとしても、問題行動がない限りは基本的には大丈夫です。
何故なら、居住権というものがあるために、よほどのことがない限り追い出すということは出来ないからです。

アリバイ会社が必要な業種と用意してくれる職業

アリバイ会社は様々な業種の人が利用しますが、なかでも多いのが水商売といった風俗関係です。
例えば、水商売をしているけれど子供を保育園に入れたいシングルマザーなどが挙げられます。「職業に貴賎なし」と言われていますが、風俗業界は色眼鏡で見られることも多いので、社会的な信用を得るためにアリバイ会社が必要となるのです。
また職に就いていなくても、「交際相手に自分が無職であることを知られたくない」という理由で利用する人もいます。
アリバイ会社では在籍確認の電話対応や各種証明書の発行などを行いますが、利用するときに選べる職業も多岐にわたっています。
かつては一般的な商社がほとんどでしたが、最近では人材派遣・ITサービス・アパレル・デザイナー・美容など幅広い職業から選択可能です。
そのため自分の得意分野を扱う業種を選択しておけば、話の辻褄が合わなくなるというリスクも回避できます。
さらにアリバイ会社が用意している架空会社は全て法人登記されているので、仮に調べられても秘密が露見する危険性はほとんどありません。

アリバイ会社を利用することのデメリットについて

アリバイ会社を利用することは、メリットもあればデメリットもあります。
メリットという点で言えば例えばお金を借りたり履歴書などの書類に記載する過程で、住んでいる場所が事情があって記載できない場合に利用可能です。
例えば引っ越し途中のタイミングで住民票の手続きが引っ越し先の自治体に登録していないタイミングの場合に、アリバイ会社を利用することで手続きがスムーズになることがあります。
ただしずっとその仮の住所で登録することはできず、早々に住民票を手続きして住所を変更する必要が出てきます。
しかも申請書類の変更の手続きも必要となりタイミングが早いと、申請側に違和感を与えることもあるでしょう。
このため、利用する際は極力控えて正しく行うことが肝要です。
もし申請の前に引っ越しのため住民票を移転中である旨を伝えられるのであれば、正直に伝えたほうが良いですし移転後で手続きが可能なのであればそちらを選択したほうがスムーズかもしれません。

アリバイ会社は優良な会社を選ぶことが大事

アリバイ会社を利用して、お金を借りたりなどしたい人もいるようです。
在籍証明を出してもらうなど利用する需要が増えています。
例えばリマックスという会社は、帝国データバンクや東京商工リサーチなどに登録されている在籍会社が存在する、優良な会社です。
こういったアリバイ会社を利用すると、後々でトラブルを起こさずにいられるのが魅力といえます。
社会的信用が高い入居保証人を備えていたりするため、高額賃貸も審査に対応可能だそうです。
そのために収入があるものの、審査が通りにくい人などは利用すると理想の住まいに住める可能性が出てきます。
その他アセットポジションという会社は、費用が比較的安いのが魅力の会社です。
その上他社とあまりクオリティが変わらず、気軽に利用しやすいのがメリットといえます。
賃貸保証人などの代行を行っているために、家を借りたりするときに審査がしやすいのが嬉しいポイントです。
なかなか保証人を立てられないような人は、力を借りるのも手です。

アリバイ会社を利用すると、その事実は漏洩しないのか

アリバイ会社を利用する目的は、利用を希望しているサービスを利用できないという現実に直面している場合に、要求される社会的スペックを手にすることにあります。
例えば賃貸物件への入居に際しては、家主や不動産管理会社による審査を通過しなければなりません。
審査に当たっては入居後に延滞なく賃料を支払うに足りる経済力をもっているか、用法違反をなどをおこすような問題を抱えている人物ではないか、などを確認する趣旨で行われています。
問題になるのは低い収入や不安定な雇用形態にある方です。
アリバイ会社では就業の事実や収入・雇用形態など、社会的経済的な人となりについて希望通りの条件を提供してくれます。
うまく活用すれば本来であれば拒否されるはずの賃貸物件への入居審査も通過する確率が高くなるはずです。
アリバイ会社を利用した事実が後日発覚することに不安をもたれるかもしれません。
アリバイ会社も個人情報を扱う事業なので秘密保持は安定しており、漏洩のリスクも無視できるレベルです。

アリバイ会社の平均的な料金はどれくらいなのか

アリバイ会社の利用を考えている人は、どれくらいの金額がかかるのか気になる人も多いことでしょう。
そこでこの記事ではアリバイ会社の平均的な料金を紹介していきます。
会社によって金額にばらつきはあるものの、大体平均的に1万円くらいの値段が多いようです。
アリバイ会社で支払わないといけないのは初回登録料や利用料金となります。
男女で利用料金が変わることも多いために、事前に確認しておくことをおすすめとなるのです。
会社は在籍確認を代行して、カードローン会社からお金を借りたりできるようになります。
もし万一バレた場合は強制解約または一括返済を求められるために、その点は注意が必要です。
そして万一アリバイ会社の利用が金融機関にばれた場合は、信用情報に金融事故情報が載ってしまいます。
そのために最低でも5年は金融会社に記録されてしまうために、銀行の口座が凍結されたりなど困る点が多く出てくるのです。
当たり前の社会生活が難しくなるので、考えて利用することが大事です。

アリバイ会社を利用すると実際に出社しているように偽装できる

キャッシングや賃貸の契約を結ぶために、特定の企業に所属していると装いたい時に役立つのがアリバイ会社です。
嘘をついていることがバレないように、源泉徴収票や給与明細の発行に対応しているだけでなく、在籍確認の電話にも対応してもらえます。
サービスの利用者が実際に出社していると偽るために、スタッフ同士が連携するのがアリバイ会社の強みです。
書類作成に関する専門的な知識を持つスタッフが、就労証明書や給与明細を作成するので、内容が嘘だとバレる可能性は低いと言えます。
法人登記された会社の書類を使うのも、アリバイ会社のサービスは完璧だと言われる理由です。保育園に子どもを入れたくても、入園料などを払えないリスクがあるという理由で審査に落とされないか心配な時にも、アリバイ会社のスタッフが助けてくれます。
成功報酬制を採用している会社も増えており、成功するか分からないサービスに高いお金を払うのは不安という人にも最適です。

結婚式で有職者を演出してくれるアリバイ会社

素敵な方と出会って結婚式を挙げることを決めたものの、様々な事情から無職になっているケースが無いとも限りません。
たまたまプロジェクトが完了したところで契約が打ち切りとなったり、情勢の変化から会社が倒産したり再編が行われることも少なくない時代です。
しかし、世間体もあることから無職の状態で結婚するとなると、親戚や友人への顔が立たないと思うところです。
必ず近いうちに就業する意思があったとしても、なかなか理解を得られないことがあります。そんな時に助けになるのが、結婚式で有職者を演出してくれるアリバイ会社です。
アリバイ会社が持っているペーパーカンパニーなどに一時的に所属し、その間は社員であることを名乗ることができます。
プロフィールの紹介ではその会社の社員であると表記すれば、親戚や友人へのメンツが保たれるのはもちろんのこと、相手の親御さんも安心です。アリバイ会社に依頼すれば、大切な人生の門出の瞬間を素敵に演出してくれます。

イベント参加のためにアリバイ会社を利用する際の注意

本来は行ってはいけないことですが、どうしても参加したいイベントがあり会社を休みたい場合には、アリバイ会社を利用して正当な理由を作り休もうとすることを考えることも多いものです。
基本的には多くの会社では自己都合で休みを取ることができる有給休暇があり、これを利用することで様々な自分の有意義な目的のために利用することができます。
そのため特にアリバイ会社などを利用する必要がないと考えることも多いのですが、様々な事情でこの休暇を使い果たしてしまい、それでもイベントなどに参加したいと言う場合にこれを利用しようと思いつくことも少なくありません。
会社の休暇は様々な場面で取得することができますが、最終的には自分自身にこれらが全て跳ね返ってくるので注意が必要です。
日ごろから自分の生活のバランスをとり、効果的に休みを運用することが大切です。アリバイ会社はこのような場合でも協力をしてくれることが多いのですが、最終的にはその後の勤務態度などで会社側に知られてしまうことが多いので、注意が必要です。

アリバイ会社に不倫の相談をする場合のポイントについて

アリバイ会社がサービスを提供する場合には倫理性を考慮しなければなりません。不倫は倫理的な問題であり他人に悪影響を及ぼす可能性が存在します。
状況によっては相談してサービスの提供を断られる場合があるので注意が必要です。専門の会社に相談する場合は個人のプライバシーを尊重できるかどうかを確かめてください。
自分や関係者の情報を正確に提供し第三者に漏れないようにする必要があります。アリバイ会社に不倫の相談をする場合には目的を明確にしなければなりません。必要なアリバイの特徴や使用方法などを明確に伝えてください。
倫理的な問題がある場合には法律に抵触する可能性が考えられます。提供されるサービスが違法行為に該当しないかどうか慎重に検討する必要があります。
信頼できるアリバイ会社を選ぶには過去の実績や評判、顧客のプライバシー保護対策などを比較検討します。多くの顧客に対応してきた実績があり評判のよい会社ならば安心して相談できます。

アリバイ会社と選定を行う際の注意点について

アリバイ会社とは、犯罪の容疑がかかった人や不当な扱いを受けそうな人のためにアリバイを提供する会社です。偽の勤務先や住所や身分証明書などを用意したり、在籍確認や身元調査の電話を応対したりするサービスを提供します。
アリバイ会社を選ぶ際には、実績のある会社かどうか、料金体系が明確かどうかや対応が丁寧かどうか、セキュリティが万全かという点に注意を行う事が必要です。
選定の際には、実績のある会社かどうかを調べる必要があります。実績のある会社であれば、偽の勤務先や住所、身分証明書などを用意したり、在籍確認や身元調査の電話を応対などにおいて高い技術と知識を持っています。
料金体系が明確かどうかも大切で、料金体系が明確な会社であれば料金のトラブルを防ぐことができます。
対応が丁寧かどうかも重要です。対応が丁寧な会社であれば、安心して利用することができます。セキュリティが万全かどうかは極めて大切です。セキュリティが万全な会社であれば、個人情報が漏洩するリスクを低減できます。
アリバイ会社は犯罪の容疑がかかった人や不当な扱いを受けそうな人にとって非常に有益な存在ですが、犯罪を正当化するものではなく、あくまでも情報を提供するだけのものです。

各種審査に詳しいアリバイ会社

各種審査のために活用できるアリバイ会社です

アリバイ会社で審査を通る